かたちあるもの、ないもの。

 砂のようにそれはざらりざらりと指の間から零れ落ち、私はまたそれをすくおうとして手を伸ばした。
 
 少しだけのこっていたものも全て落ちていった。
 残った何粒かの「それ」は、かたちを失いかけていた。

 もう何をしても戻らないのだと知ったら。
 
 いったいどうしたらいいのだろう?
[PR]
by tatsumakido | 2007-05-04 22:39 | 雑記
<< いつも いつかいつかとおく >>