いつかいつかとおく

 私の名前を呼ぶ声があまりにも遠すぎて、
 もう聞こえなくなってしまった。

 耳は全てをふさぎ、私のココロは真っ白に。

 いつもいつもとなりにいたはずの暖かい手はもう今はどこへやら。


 いつか
 いつか


 「いつか」って、「いつ?」

 信じてたものは崩れ去り
 待っていたものは消えてしまった。

 いつか
 いつか

 あの日はくるのだろうか。
[PR]
by tatsumakido | 2007-04-29 00:28 | 雑記
<< かたちあるもの、ないもの。 いろいろなの >>