誕生

 なんだかなあ、と思うけど結局行ってしまった。
 最後のワンマンライブ。
 ぎりぎりまで行くつもりがなかったのに、開演ぬ時間ちょっと前に「やっぱり見ようかな・・・」と家をでた。
 しかし新オリの近くでうろうろ・・・
 悩んで悩んで、足がすくんで、なかなか中に入れなかった。
 今更、私がライブに足を運んでもいいんだろうか・・・?

 入ったのは開演1分前。
 もちろん当日券である(高い!)

 最後に「誕生」が聞けたのが良かった。
 そこまでは普通にいられたのに、この曲がはじまった瞬間にいろいろなことを思い出してしまった。
 私が行っていた頃のこと、メンバーチェンジ、遠征、企画、イベント、そして行かなくなったこと。
 
 あんなに楽しかった場所を離れてしまった私は、今はもうやることもなくてぼんやりしている。
 「誕生」の歌詞が今まででいちばん重く感じた。
 
 去年の11月23日
 私はひとつのことに対しての幕を下ろした。
 もちろん、主役は私ではない。
 私は、彼らの「最期」と共に過ごすためだった。
 今日の気持ちもそれに似ている。
 しかしどこか違う。
[PR]
by tatsumakido | 2005-07-17 11:36 | アカペラ
<< 梅雨明け ホワイトバンド >>