ぶろぐ

 ブックマークしていたブログが立て続けになくなってしまった。
 
 ネット上の「日記」というのはどこでも誰でも見られるのが普通だが、書いてる本人が見られたくなかったりあまりにも個人を限定されるものがあると隠したくなるのも真情で。
 私もブログとかをいくつももっているが(書いてなくて枠だけのところもあるが・・・)、もちろん自分だとばれたくない内容のことを書きたいときもある。
 
 それはさておき。
 最近誰ともあわない生活をしているので、ブログなり日記なり、友人知人が書いていることは浦島太郎状態にならないための、どこかでつながっているという安心感のひとつでもあった。
 もちろんそれは私自身の勝手な考え方だけど。
 だから立て続けになくなってしまうと、それこそ全く何も分からなくなってしまった。

 みんなが(たとえば文章中に出てくる別の人だとか)元気にやっているんだなあと感じることさえできなくなってしまったのは正直、寂しい。

 ブログを閉鎖「させた」人間がいるのは事実。
 本人以外の事情によって閉鎖させられるのは、読み手にとってはものすごく不本意なこと。もちろん本人がいちばん不本意だろうけど。

 まったく、男の癖くせにケツに穴のちっちゃいヤローだな(あら、下品ですみません)と「させた」人間にはいってやりたい。
 堂々と自分の名前晒して面と向かって文句いってみやがれ。
 私も昔ネット上でものすごく嫌な思いをしたが、直では絶対にいってこなかったもんなあ。掲示板でうだうだ書いたりチャットで文句いって「吊るし上げる」なんていってたわりに、話しかけもしなかったし(むしろ私のほうが立場上有利にいたままだったし)。 

 どこの誰だかわからない書き込みで人のこと罵るより、誰だかばらして書いてる人間のほうがまだ神経まともだと思うけどね。

 どっちにしたって、私の楽しみがなくなったことに変わりない。
 くそー、かえせー!!!
[PR]
by tatsumakido | 2005-07-06 08:20 | 雑記
<< 移籍?! 肌着 >>