あかいそら

a0001443_132695.jpg
 昨日、家の窓から見た空がこんな色だった。
 赤いような、紫のような、カーテンを通して見えた空の色は不気味でさえあった。
 カーテンを開け、窓を開け、見上げてみたら少し鮮やかになった。
 そして、不気味であることと、きれいであることと、混じったような色だった。
 
 空の色がなんだかおかしいと、地震があるんじゃないかとか思う私はおかしいのだろうか?
 あの頃の私は今よりずっとつまらない生活をしていたから。
 できることなら忘れてしまいたいくらいの。

 この色を何人が見ただろう。この空を何人が見あげただろう。
 私の知っている人は? 友達は? 何人が見たのだろう。
 
 空はひとつしかなくても、その日に一度も見上げないことだってあるのに。
 もっと限られた空間の中で、同じものを見ることができる人はさらに少ない。
 同じものを見て感動したり、怒ったり、喜んだり、泣いたり。
 

 そんな中で一緒の時間を過ごしたたくさんの友人や知人へ。
[PR]
by tatsumakido | 2004-10-13 13:11 | 雑記
<< ご注文の品 今週中にはきっと・・・ >>